おすすめシャンプーの選び方について

美容院のシャンプーのように品質のいいシャンプーが、今では、インターネット通販等で手に入るようになりましたね。しかし、いいシャンプーとはどういうものでしょうか?

シャンプーの中身の成分は、ほとんどの場合は、90パーセント以上は、水と界面活性剤で出来ています。界面活性剤というのは、水と油なども混ぜる成分ですが、大別すると3種類に分かれます。

この3種類というのが、天然界面活性剤と高級アルコール系の界面活性剤、アミノ酸系界面活性剤です。それぞれの特徴を見てみましょう。

天然界面活性剤
このタイプのシャンプーは、頭皮や髪に優しいシャンプーで美容院でもよく使われているほどです。
洗浄力は、他の種類に比べて優しくマイルドなのでしっかり洗う必要があります。
天然界面活性剤は品質がいいため、値段も高めです。ただし、頭皮髪の毛にいいため、おすすめのシャンプーです。


高級アルコール系の界面活性剤
ドラッグストアなどでお手頃価格で沢山販売されているのがこの高級アルコール系界面活性剤です。コストも安いので大量生産されています。
洗う力は強いのですが、頭皮や髪への刺激が強いので、頻繁に使うには向いてません。ただし、安く売られているうえに洗う力も強いので寝強い人気があります。

アミノ酸系の界面活性剤
アミノ酸というのは、髪の成分と類似した成分です。そのため髪の毛に優しくマイルドに洗い上げることが出来ます。最近では、美容院でも多く使用されているので品質のいいものです。どちらかというと髪の毛が細いタイプの人におすすめのシャンプーです。髪の太い人には、使った後の感触がべたべたするときがあります。女性用育毛剤の選び方は、左記をご参照ください。


このように大別すると3種類のものに大別されますが、やはり髪の毛の質も人それぞれですが、安いだけなら高級「アルコール系界面活性剤ですが、髪の毛のことを考えると多少は高いですが、天然界面活性剤か髪が細ければ、アミノ酸系のものがおすすめとなります。